×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 ――寒い。
 馬鹿の一つ覚えのように繰り返す、その言葉。

 仕方が無いだろう。もうすぐ冬が来るんだから。

 この返事も、何回目だろうか。飽き飽きしているが、つい返事をしてしまう。返事をしないのは、申し訳無い気がして。

 ――このままでは、凍え死ぬぞ。温めてくれ。

 何と大袈裟な。本格的に冬が来たらどうするんだ。

 ――寒い、寒い。儂が凍え死んでしまっても良いのか。

 五月蝿いぞ。……ほら、これで良いだろう。

 ――ん、お主の手は温かいな。だが、温めてくれるのは掌だけか? こうしないとな。

 ……最初からこうしていれば良かったじゃないか。ややこしい。

 ――お主がやってくれるかと期待したんだがな。結局我慢が出来なかった。……ほれ、もっとくっつけ。

 ……ふん。


 ああ、温かい。





珍しく一人称。難しい。

[2010年 11月 29日]